琉球関連文学 その4



「沖縄八重山〈星の砂〉殺人」   野村正樹 著   双葉社   800円+税
   2001年10月20日 第1刷発行


 30代半ばを過ぎてイベント企画会社をしている藤村紀子と、その隣室に住む50歳の主婦吉永香織、26歳の広未(ひろみ)凌子は、年代も性格も違うけれど気の合う仲間。凌子の仕事で沖縄への取材旅行に便乗した紀子でしたが、同じ頃、東京で連続して二人の女性が殺されます。
 日比谷で香織が遭遇した現場の被害者は、紀子の仕事を手伝っていた沖縄出身の仲田琉美子で、死体には星の砂が付いていた――。

 そんな展開ですが、登場人物のネーミングが安易過ぎ。藤村紀子は藤原紀香、吉永香織は吉永小百合、広未凌子は広末涼子からの連想だよねきっと。
 石垣島出身の仲田琉美子はさしずめ沖縄の民謡歌手で芝居シーの仲田まさえあたりがモチーフでしょうか。沖縄らしい名字を使ったということでしょうが、仲田姓は沖縄の北部には多いけど、石垣島にはそうそうある名字ではない、というのが実態ですね。
 ほかにも、石垣島で乗った観光バスガイドの新垣恵理はNHK朝ドラ「ちゅらさん」の主人公・古波蔵恵里(国仲涼子)だし、深名恭子は深田恭子、国島太一は国分太一などなど。
 東京蒲田にある沖縄料理店「ゆがふ」なんて、朝ドラそのまんまの店名じゃん。

 竹富島の種子取祭を中心に物語が展開していくので、とりわけ八重山民俗芸能ファンにとってはたまりません。しかし、文中にはエイサーソングの「唐船ドーイ」が「唐人ドーイ」と紹介されていたり、竹富島の世持御嶽に「よもちみたけ」とルビがふってある(御嶽は、沖縄本島では「うたき」、八重山では「おん」)など、ちぐはぐなところも随所に。なんだかなあという気がしないでもありませんが、そんな変なところを見つけて一人ツッコミを入れる、という楽しみ方もこの本にはあるかもしれません。
(2016.10.29 読)

「沖縄コンフィデンシャル 交錯捜査」   高嶋哲夫 著   集英社文庫
   680円+税   2016年 3月25日 第1刷発行


 著者は、1949年岡山県生まれ。慶応大学大学院修士課程を修了し、日本原子力研究所研究員を経てカリフォルニア大学に留学した経験を持つ技術系。そうでありながら、94年に第1回小説現代推理新人賞、99年には第16回サントリーミステリー大賞・読者賞を受賞したといういわゆる文・理両刀遣いのヒトです。まったくの文系人間である自分から見れば、尊敬すべき万能人です。

 2015年2月から10月にかけて「Web集英社文庫」で配信されたものを大幅に加筆修正したもの。今どきウェブルートで文庫化されるものがあるのですね。
 あらすじについては、関口苑生の「解説」が簡潔かつ詳細なので、これを以下に引用します。
 『・・・沖縄を舞台に花形部署である捜査一課の刑事が活躍する本格警察小説だ。
 主人公は反町雄太、28歳、巡査部長。沖縄県警刑事部捜査一課の刑事である。生まれも育ちも東京だが、大学1年生の夏、初めて旅行で沖縄に来て感激し、就職先は沖縄と決めた熱血漢だ。実際に大学卒業と同時に沖縄へ移住、サトウキビ畑での季節労働者、土産物店の店員、食堂の皿洗いなどのアルバイトを続けながら、翌年、沖縄県警の採用試験に合格したのだった。
 事件は那覇市内のホテルで、無理心中と思われる男女の死体が発見されたことから始まる。男は東京の不動産屋社長、女は地元のクラブホステスだった。反町はコンビを組む先輩の具志堅正治、57歳、沖縄生まれの沖縄育ちで、警察官になって35年のたたき上げ刑事とともに捜査に当たる。
 ・・・だが、男が何の目的で沖縄を訪れたのかを探るうち、次第に他の地域では見られない沖縄の特殊性が浮き彫りになっていく。それと同時に、刑事たちの前に大きな壁が立ちふさがり、彼らの悩みと混迷の度合いもますます深くなっていく。
 死んだ男は、どうやら土地の購入を目論んでいたようだった。しかし沖縄の場合は、土地絡みのことになるとちょっと面倒になる。正確に言えば一部の土地についてだが、そこは持っているだけで毎年決まった金が入ってくる超優良な金融商品なのだ。
 基地の土地、軍用地である。
 ・・・かくして、当初は単純な無理心中と思われた事件が、途方もない深い闇と謎に包まれたものだとわかってくる。』

 反町の同期で刑事部刑事企画課・国際犯罪対策室の天久ノエル、反町よりひとつ若いが準キャリアで警部の赤堀寛徳、反町の下宿の一風変わった大家などが織りなす人間関係も、読みどころの一つでしょうか。
 さあ、あとは読んでのお楽しみとしましょうね。
(2016. 8. 5 読)

「GPS:沖縄県庁 幽霊の告白」   木下半太 著   PHP文芸文庫
   600円+税   2016年 1月22日 第1刷発行


 1年前、ぼくは殺された――。幽霊となった小学5年生の森下均は、自分を殺した連続殺人犯を追って沖縄へと赴きます。
 一方、京都市役所心霊相談課(通称GPS)を依願退職し、恋人とともに沖縄で新居探しをする凜花は、その彼と結婚をすべきかどうか決断しきれずにいます。そんな中、前作「GPS:鎌倉市役所 消えた大仏」で出会っていた鬼を見ることができる少女・暁奈々を見かけた凜花は、心霊相談課での元同僚の大吉を呼び出します。
 さらに、沖縄には、鎌倉での事件の黒幕である笛吹玄心も来ていることがわかり・・・。
 ――というGPSシリーズの第3弾の、文庫書き下ろしです。

 シリーズの1、2作を読んでいないので、全体の脈絡がよくつかめません。
 市役所にはフツー、心霊相談課なんていうセクションは有りうべくもなく、突飛な舞台設定と言わざるをえません。
 読み進めると、章ごとに表現の深浅があり過ぎ、全体のバランスがよくありません。

 自分はすでに人生の夢見る時期を過ぎてしまっており、幽霊が登場したり、超能力を持つ新興宗教の教祖が登場したり、行政公務員や警察官を含む社会人のものの考え方や行動があまりにも現実離れしていていたり、プロットが幼稚であったりするのを読まされるとかなり辛い、というのが正直なところです。

 小説は本来、人から読んでもらうものだと思うのですが、読んでいて時として、書き手の自己陶酔の押し付けになっているなあと感じる場合があります。
 それは書く側の自由であって、読みたくないならば読まなければいいだけのことではないか、との考えもありましょう。しかしそれは傲慢というもの。読み手は、大いに期待して本を買うのです。
 したがって、読みたくなければ読まなければよいという論理を正しいものとするためには、押し付けられたと感じた人に対しては購入代金を返却することをもって完結させる必要があります。

 この本が必ずしもそうだったとは言いませんが、残念ながらその傾向はうっすらと感じてしまったところ。
 いや。正直なところを書いてしまえば、自分は沖縄に関するものが読みたくてこの本を買い求めているわけなのだけど、ストーリー的にこの本、沖縄で展開される必然性がないというか、沖縄だからこそ成り立つ筋書きではまったくないのですな。沖縄は、単なるどこにでもあるひとつの場所でしかない。
 沖縄フリークとしてはそれが悲しい。だから、カネ返せとも言いたくなるのです。
(2016. 7. 9 読)

「琉球の風(三)雷雨の巻」   陳舜臣 著   講談社文庫   524円+税
   1995年 9月15日 第1刷発行


 徳川政権の巨大な圧力を背景にして殺到してくる薩摩軍。その薩摩に吸収されながらも、琉球は中国・明に対しては独立王国としての体面を見せなければなりません。苦悩する琉球。しかし、老いも若きも、男も女も、心に秘めた琉球の誇りをしっかりと握りしめていました。国の再興へ、南海王国の建設へ、人々の胎動が始まります。

 やっとこさ、大ロマンの完結編、第3巻を読み終えました。
 表現が物静かというか、盛り上がりに欠ける淡々としたものなので、読む側も最後まで盛り上がらずに終わってしまった感じです。
 自分には歴史小説はあまり合わないのかもしれません。北方謙三のハードボイルド小説が好きで、文庫化されたものはすべて読んできていますが、彼が歴史小説を書き始めてからはとんと読まなくなりました。おそらく彼らしい迫力のある筆致は変わらないのでしょうが、中国の三国時代や日本のちょんまげ時代が舞台となると、まったく読もうという気にならなかったのです。
 つまりは、自分の気持ちを現実離れした世界に遊離させることができない、それだけの想像力を持ち合わせていない、ということなのでしょう。個人の能力の問題。
 とは言っても、藤沢周平の時代小説のような、人間の内面をベースに描かれた作品はぐいぐいと読めるのだけどな。

 あ、そうだ。そういう意味では、もう一人のハードボイルド小説の旗手だと認識していた志水辰夫も時代物に走りましたが、彼の時代ものはすごく興味を持って読める。彼の作品も内面的なものが深くモチーフに関わっている。
 ということは、この「琉球の風」は、小説が成立するための重要なファクターとなる登場人物の心理や人としての感情的な部分がやや足りなかった――ということになるのかもしれません。文字間に潜む内面感情の機微を読み取れなかったことも、こちら側の能力の問題ではあるのですけれど。
(2016. 3.15 読)

「十津川警部「オキナワ」」   西村京太郎 著   文春文庫   520円+税
   2015年 6月10日 第1刷発行


 西村京太郎の沖縄関係作品を読むのは、「十津川警部 海の挽歌」、「沖縄から愛をこめて」に続いて3作目。
 東京巣鴨の安宿で、男の死体が発見された。遺された文字「ヒガサ…」は何を意味するのか?
 その答えが沖縄にあると見た十津川たちは、那覇へ飛んだ。
 一方、沖縄で旅行会社に勤めるみどりは、姉の行方を捜していた。
 日本の警察権の及ばぬアメリカ軍基地。その周辺に広がる闇を十津川が撃つ!
 ――という、迫力の社会派トラベル・ミステリー。
 さーっと読んでしまったのが2016年2月。で、書いている今は8月。こういうシリーズもののミステリーって、読んでいるときはそれなりに面白くていい時間つぶしになるのだけど、半年も経ってしまうと、その内容がどうだったかなんてすっかり忘れてしまっているものです。覚えているのは、西村京太郎の筆致は相変わらず読点が多いなあと思って読んだことぐらい。

 なので、書くに当たって本を改めてパラパラとめくってみたところです。
 那覇空港や国際通り、首里城、竹富島、川平湾、宮古島のドイツ文化村、名護やコザの民謡酒場、ゆいレール、万座ビーチホテル、糸満など、沖縄の各地が登場。そしてこれらに米軍基地や米兵が絡んで物語が進んでいくという、沖縄お定まりのストーリーになっていました。
(2016. 2. 2 読)

「琉球の風(二)疾風の巻」   陳舜臣 著   講談社文庫   524円+税
   1995年 9月15日 第1刷発行


 第1巻をすんなりと読み進めることができなかったためになかなか第2巻に手が伸びずにいましたが、4か月ぶりにようやく読み始めました。
 第2巻は「疾風の巻」。薩摩の侵攻に膝を屈するのか、それとも独立を賭して抵抗するのか。薩摩軍の圧倒的な武力の前に、琉球王国は苦悩します。
 王国にとっての宗主国である明の援軍は期待できるのか、できないのか? 主戦論、非戦論と国論は二分され、沖縄の老若男女は歴史の動乱のはざまで苦悩します。しかし、誰しもが祖国の誇りを守るために熱い血潮をたぎらせていました。

 やはり陳舜臣の筆致は、歴史を物語として読むにはやや難解。かれこれ20数年前になってしまったけれど、これを原作にして制作されたNHKの大河ドラマ「琉球の風」は見ておくべきだったと今さらながらに思います。でもこの番組も、大河ドラマとしては視聴率が伸びなかったという記憶がありますが。

 話がそれますが、この大河ドラマのテーマソングって、りんけんバンドの「ちゅらぢゅら」だったのですよねぇ。記憶するところでは、自分がりんけんバンドの音楽に初めて触れたのはこの曲だったはず。それで上原知子の歌声に聴き惚れて、その後はほぼすべてのアルバムを入手して聴きまくることになりました。
 ですがこの曲、数多くあるりんけんバンドのアルバムには入っていません。たぶん著作権の問題などがあって、りんけんバンド側が取り上げるのを潔しとしていないのではないかと思っているのですが、どうなのでしょう。
 「ちゅらぢゅら」の歌詞(琉歌)も見事なので、以下に掲載しておきます。

  読でぃん読まるらぬ 天ぬ群り星に
  御万人(うまんちゅ)ぬ望み かきてぃうかな
  節々とぅ共に 巡る天道ぬ またん元ぬ座に 戻る嬉しゃ

  夜走らす船に 北極星(にぬふぁぶし)目当てぃ
  我身産(な)ちぇる親や 我身どぅ目当てぃ
  ちゅらやちゅら ちゅらぢゅらとぅ
  天ぬみわざ あやさ清らさ
(2015.12.21 読)

「十津川警部 海の挽歌」   西村京太郎 著   徳間文庫   590円+税
   2006年10月15日 第1刷発行


 1998年初出のもので、2006年に文庫化、それを2015年10月に読みました。
 沖縄県八重山諸島。石垣島の東南方向、ニライカナイ信仰の島といわれ、今では米軍の爆撃演習場となっている赤見島は、祭祀のために年に2日間だけ上陸を許されています。その島を訪れた新聞記者の田島は、島の奥で5体の白骨を発見します。そのうち1体の骨の一部を持ち出し、大学時代の友人である十津川警部に調査を依頼したところ、死後1年から1年半たっており、他殺の疑いがあることが判明します。
 田島は、この真相を究明するために沖縄支局長の丹羽に調査を依頼していたのですが、この丹羽がなぜか遠く離れた東京多摩川の河川敷で死体となって発見されてしまいます。捜査に当たった十津川が 直面する事態は・・・といった長編旅情ミステリーです。

 日本国内で米兵が起こした事件については日米地位協定があるためにうやむやになるケースが多く、この事件についてもそれが大きく影響して、推理小説の殺人事件にしてはめずらしく、ホンボシが挙がらないまま結末を迎えます。また、お得意の列車は一度も出てきません。
 嘉手納ラプコンのことや、名勝川平湾、豊見城城址公園、西表島・由布島の様子などが出てきて、沖縄ファンにも訴えるところ多し。
 田島がある問題のある何日間かの記憶が欠落するという都合のいい設定があったりして、なんだかなあと思う部分もありましたが、それなりに楽しく読んだところです。

 全6章。「ニライカナイの海」、「ホテルK」、「ヤマネコの島」、「四ツ葉のクローバー」、「夏の海」、「海の挽歌」。
(2015.10.21 読)

「風のマジム」   原田マハ 著   講談社文庫   590円+税
   2014年 8月12日 第1刷発行


 主人公の女性の名は伊波まじむ。変な名前。「マジムン」が由来? いやいや、ウチナー口でいう「真心」のことなのだそうです。だったら、沖縄の真心は「真肝」なので「マチム」が正しいような気がするのだけど。
 通信会社琉球アイコムの派遣社員として働く28歳。自分が何をすべきかわからず漠然と日々を送っていたのですが、社内ベンチャー募集の告知が彼女の運命を突然にして変えてしまいます。まじむは郷土沖縄のさとうきびでラム酒を造るという事業を提案します。周囲の正社員たちは、成功は無理だろうと高を括っています。さて、果たしてまじむの夢は実現するのでしょうか?
 ――といった内容の小説です。

 南大東島の特産品として、島でつくられたサトウキビを材料にしたラム酒をつくる話。これって、実際にあった話で、潟Oレイスラムの金城祐子さんと彼女のつくった「コルコル」がモデルになっています。
 なんでも2004年、著者が働く女性のインタビューに携わり金城さんを取材した際に、5年経って「コルコル」が多くの人に飲まれ、著者が物書きになっていたなら、「沖縄のラム酒を造った女性」の小説を書くことを提案していたのだそうです。
 それが2010年に単行本として発売。2014年に文庫化されたというものです。

 自分も、2009年に南大東島を訪れたときにはそのラムを買ってきたものでした。
 南大東島の中心部の「在所」にある名物店「大東そば」や地元商工会などが登場し、懐かしい思いで読むことができました。
 いろいろな人が登場しますが、やはりここでも沖縄の「オバア」がいいスパイスになっています。

 ところで著者の原田マハは、美術史専攻で、美術館勤務経験が豊富な人。2005年に「カフーを待ちわびて」(既読)で日本ラブストーリー大賞を受賞し、その後も波に乗っている人気作家です。
(2015.10.11 読)

 

                                          
沖縄病Tobiの琉球弧探訪