ドキュメンタリー その4




「沖縄美ら海水族館が日本一になった理由」   内田詮三 著   光文社文庫
   800円+税   2012年 9月20日 第1刷発行


 沖縄本島随一の観光スポットになっている「沖縄美ら海水族館」。自分の場合ここには、国営沖縄海洋博覧会記念公園といわれた時代、初めての沖縄訪問(1993年)の際に訪れ、その後家族を連れて再び見に行ったことがあります。しかし、「美ら海」になってからは、前の道路を通ったことはあっても、入ったことはないのかもしれません。当時からやっていたイルカのオキちゃんショーは今でもやっているようです。

 この本の著者は、1981年から2011年まで、一貫してこの水族館の館長していた人。だからこそ「美ら海水族館」への想いと愛着は強い内容になっています。
 「世界一」や「世界初」にこだわり、水族館の魅力の大きさをアピールしながら、美ら海水族館が日本の動物園・水族館の中で入場者数トップを走り続けてきたことから、第1章が始まります。
 そして、それを実現するために、「もっと面白いことをやりたい」、「今まで誰もやっていないことにトライしたい」といった、現場の人間の気持ちを大事に育んでいくことが重要だということを、著者の経験を含めて綴っています。
 第2章以下は、「水族館と動物園は何が違うのか」、「水族館の舞台裏―水族館を支える人間たち」、次いで著者の水族館遍歴を記した「“飼育屋”修業時代」、「試行錯誤の日々」、動物を飼育することについての思い入れを綴った「水族館も動物園も“悪行”」。

 その道一筋に人生を歩んできた人の功績や想い、人となりなどに触れることはとても興味深いし、なかなか楽しいものです。
(2016.10.22 読)


「菊の御紋章と火炎ビン 「ひめゆりの塔」「伊勢神宮」で襲われた今上天皇」 
   佐々淳行 著   文春文庫   590円+税   2011年10月10日 第1刷発行

 ひめゆりの塔の前で関係者から話を聴く皇太子及び同妃(現天皇・皇后両陛下)のすぐ手前で、右手に持った火炎瓶を今にも投げ出そうとしているヘルメット姿の男――。
 表紙を飾るモノクロ写真はショッキングなものです。

 ひめゆりの塔事件とは、1975年7月17日、沖縄復帰後に開催された沖縄国際海洋博覧会に際して皇太子・同妃が皇族としては戦後初めて沖縄県を訪問し、その際皇太子・同妃に、新左翼党派・沖縄解放同盟準備会(沖解同)と共産主義者同盟(西田戦旗派)の各メンバー2人が、潜伏していたひめゆりの壕内や白銀病院から火炎瓶やガラス瓶、スパナ、石を投げつけたテロ事件のこと。
 幸いにして皇太子および同妃や関係者に大きな怪我はありませんでしたが、復帰後の沖縄をめぐる事件として極めてインパクトが大きい事件だったと思っています。

 この本は、そのときに現地の警備側で指揮を執っていた佐々淳行が著したものです。
 『今上天皇が皇太子時代の「昭和50年」に、沖縄と三重で遭遇した二つのテロ事件。危機一髪ならぬ「危機一発」の双方の現場で、警備責任者だったミスター「危機管理」はいかに行動したのか。当時の過激派が総括しないまま一部が「体制化」した今、「沈黙の掟」を破って書き遺す昭和の「大逆事件」との戦い』――と、背表紙の紹介文。
 その当時のぴりぴりとした現場状況がよくわかり、その一方では、一枚岩ではない警察内部の状況や手厳しい首脳批判、そして著者の自己顕示欲の強さまでしっかりと感じ取ることができる、読んでいて面白い、興味深い内容でした。

 「ひめゆりの塔事件」に関しては、第3章『聖域としての「ひめゆりの塔」 「沖縄返還」阻止闘争」は民族独立運動だった』と、第4章『「ひめゆりの塔」火炎ビン事件の“真相” 見事な「ノーブレス・オブリージ」』に詳述されています。
 沖縄県警内には南国特有ののんびりとした雰囲気があり、事前視察に行けば本務ほったらかしの観光案内がなされ、職務中にすばやく出前で食事を済まそうとするとそのようなシステムがなく外食だより、昼には昼寝、夜は速やかに帰る慣行が定着していて、それらに悪気がないことを知りつつも指揮官の著者は苦悩します。

 驚いたのは、ひめゆりの塔が沖縄県民にとって不可侵な聖域だというので、事前に壕内部の踏査、確認をしないまま式典本番に臨んでいたこと。過激派が数日前からその中に隠れていたこともすごいですが、目の前の壕をノーチェックで式典を始めたというのもちょっと信じられません。
 また、ひめゆりの塔の事件の前に、糸満市の白銀病院の前で車列に向かって十数本の火炎ビンが投下される事件があったことは、この本を読んで初めて認識をしたところです。
(2016. 8.26 読)


「チャンミーグヮー」   今野 敏 著   集英社   1,600円+税
   2014年 9月10日 第1刷発行


 チャンミーグヮーは「喜屋武・眼小」。喜屋武朝徳という目が小さい男の物語です。その喜屋武朝徳は、琉球空手を現代に伝える上で重要な存在でした。
 いわゆる琉球処分によって廃藩置県となった琉球では、多くの士族が職と禄を失う中、旧来の身分・王制を維持していこうとする「頑固党」と、新しい体制を求める「開化党」の対立が深まっていました。高級士族・喜屋武家で育った朝徳は、父から現代空手のルーツである“手”の指導を受けていました。最初はその練習に義務感しか抱いていなかった彼でしたが、次第にその魅力に取りつかれていきます。
 名家に生まれ、体が小さかった少年は、なぜ一生を“手”に捧げ、その道で怖れられるまでの存在になったのでしょう。そして、勃興する東京でも暮らし、いわれなき誹謗中傷にも晒された漢(おとこ)が、沖縄に戻り、修行を続けるうちに辿り着いた境地とは。
 ――というストーリーです。

 著者の今野敏は、警察小説を得意とする小説家である一方で、空手の有段者でもあり、道場「空手道今野塾」を主宰しているのだそうです。主人公は来る日も来る日も空手の動きの基礎型のナイファンチを練習し、徐々に悟りの境地を開いていきますが、その様子が見事に表現されています。その筆致は文武両道の著者であればこそなのでしょう。

 琉球新報の2013年2月〜9月の紙面に199回にわたって連載されたものを単行化。
 空手家・富名腰義珍の生涯を描いた今野敏のもうひとつの空手小説「義珍の拳」に続く空手フィクションです。
(2016. 4.30 読)


「25億の借金をしても沖縄・瀬長島につくりたかったもの」   近藤康生 著
   ダイヤモンド社   1,500円+税   2015年11月27日 第1刷発行


 瀬長島をご存知の方は多いと思いますが、那覇空港のすぐ南側にある小さな島。戦前までは現在の野球場一帯に集落があり、アマミキヨの子、南海大神加那志(なんかいうふがみかなし)が最初にこの島に住み、そこから豊見城の世立てが始まったという伝説が残っています。また、島内にはかつて瀬長グスクがあり、瀬長按司が居住していたと伝えられています。
 18世紀初頭に来琉した中国の冊封副使・徐葆光も、瀬長島について、美しい砂浜の静けさと大勢の人が雨宿り出来るほどの巨石奇岩の様子などの変化に富んだ景観を讃えているのだそうです。
 しかし戦時色が濃くなった1944年、住民たちに島外退去が出され、戦後も島全体が米軍基地として接収。基地建設工事で島の景観は激しく変貌した上、長らく米海軍の弾薬貯蔵基地として使用され、1977年にようやく返還されています。

 そんな瀬長島が、このところずいぶんきれいに整備されつつあります。新しくできた公園の「子宝岩」の碑や、野球場に付随した公園内にある「手水の縁の碑」などを見てきたのは2014年の夏でした。
 その島の一角に開業したのが「ウミカジテラス」。南国では珍しい天然温泉とホテルが併設されたリゾートで、つくった会社の中心人物はホワイト・ベアーファミリーの代表取締役の著者。30億もの借金をしながら、何度も立ちはだかるしがらみや規制を突破し、沖縄にまったく新しいリゾートを作りました。
 その破天荒な男が「地方の時代」を体当たりで実現させた執念の物語となっています。

 メインバンクから「貸せない」と言われ、地元からは口を揃えて「無理だ」と言われ、行政からは何から何まで「許可できない」と言われたものの、「もうダメだ」から奇跡は始まると信じてリゾート施設を完成させた執念がスゴイ!
 正直言って自分も、この地にリゾートホテルというのはどうかなと思いましたよ。

 試しにgoogleマップで現地の様子を見ると、ギリシャの地中海を思わせる白壁が階段状に並んでいて、一度は行ってみたいなという気にさせます。そうか、ここにできたのか。2014年夏の段階ではまだできていなかったけどな。その周辺も含めてあっという間に様変わりしていますね。瀬長島は変わったな、やたらとモダンに。
 ノンフィクションとしても、ビジネス書としても、楽しめる1冊ではないでしょうか。
(2016. 4. 8 読)


「ボクサー回流 平仲明信と「沖縄」の10年」   山岡淳一郎 著   文藝春秋
   1,333円+税   1999年 7月10日 第1刷発行


 1992年4月、メキシコでWBA世界ジュニアウェルター級のタイトルマッチに臨み、怒涛の連打で王者を圧倒した平仲明信は、第1ラウンドわずか92秒で王座奪取を果たしました。自分はこのシーンをその時代に見ており、日本人としては重いウエイトのカテゴリーにもどえらい強い人間がいたものだと感嘆したのを覚えています。
 パンチパーマをかけたような頭髪と濃い顎鬚といった風貌。それでいてどこかに愛嬌を秘めたような優しい眼。印象深い男の姿でした。
 しかし同年9月、日本武道館での初防衛戦で、それまで優勢に進めていた11ラウンド、挑戦者の左ストレートをカウンターでまともに浴び、TKO負け。試合後の検査で脳内出血が確認され、引退を余儀なくされてしまいます。

 その平仲明信という人物は、1963年、沖縄県島尻郡具志頭村(現八重瀬町)生まれ。南部農林高校2年生の終わりにボクシングを始め、その数か月後にインターハイで優勝。日本大学農獣医学部時代の1984年にはロサンゼルス五輪ボクシングウェルター級に出場し、翌年、特例のA級としてプロデビューしています。
 この本を読んで知ったのですが、平仲はテレビや大手ジムなどの背景がない個人の力で世界戦の交渉を行い、リングの上と下とで汗を流した結果、世界挑戦実現にこぎつけたという珍しいタイプのボクサーだったようです。
 そんな彼の「沖縄の魂」、そして興行界の赤裸々な内幕を活写したスポーツ・ノンフィクションなのがこの本です。

 著者の山岡淳一郎は、1959年愛媛県生まれのノンフィクション作家。雑誌編集者を経て、ライター集団「S&Bプランニング」で政治、社会、経済、スポーツなどについて執筆。
 1990〜95年に「Sports Graphic Number」と「週刊プレイボーイ」に掲載されたものに大幅加筆して99年に単行化されたもの。これを古書店で買い求め、2015年に読みました。
 闘う一人の男を一流のライターが追いかけると、こういうすばらしいノンフィクションができる、という見本のような作品と言っていいでしょう。
(2015.11.14 読)


「沖縄戦いまだ終わらず」   佐野眞一 著   集英社文庫   720円+税
   2015年 5月25日 第1刷発行


 背表紙にある当書の紹介は、次のとおり。
 戦後70年の沈黙を破って、孤児たちが“あの夏”の辛く哀しい記憶を語り始めた。
 だが、オスプレイ、米軍基地、集団レイプ…沖縄の現状はあの頃と変わっていない。沖縄の叫びはなぜ本土に届かないのか。
 「僕の島は戦場だった」を改題し、米軍普天間基地の辺野古移設問題が争点だった2014年県知事選挙の原稿を加え、今なお続く“沖縄戦”に迫る。現代日本の歪みを暴く渾身のルポルタージュ。

 佐野眞一の文庫本が出たというので喜び勇んで即買いしましたが、上述にあるとおり、既読の「僕の島は戦場だった」の改題、文庫版再発モノだったのですね。
 でもまあ、1年数か月ぶりに再読してみてもなお心を揺り動かすものがある優れた作品。話があちこちに脱線して拡大、収束をくりかえすような絵巻物的な表現手法ですが、それがまた、沖縄のジグソーパズルのピースが少しずつはまっていくような趣があって、たいへんに面白い。
 前回読んで感動した部分が、再読したときも感動するものだ、ということに改めて気づくと同時に、再読時は前回の記憶があるためか、読むスピードが数段早くなるということにも気がつきました。

 文庫版発行時に追加された第6章「沖縄の民意はなぜ日本に届かないのか」では、元沖縄県知事・大田昌秀の取材などを織り交ぜて、仲井眞県政の8年が裏切りと不毛の時代だったと断じるとともに、翁長新県知事の当選を画期的なことと捉えつつ、今後の困難性にも言及しています。

 テーマにまつわる関係者たちへのインタビューを繰り返して真実を明確にする著者の手法は、文字どおり卓越したプロの業。しかもその場所や期日なども微細に記述しているので、いやが上にも読む者の理解が深まります。
 佐野渾身の名著、と言ってもいいのではないでしょうか。
(2015.10.29 読)


「義珍の拳」   今野敏 著   集英社文庫   686円+税
   2009年 5月25日 第1刷発行


 時は明治。琉球の下級士族の家に生まれた富名腰義珍は、生来の病弱を克服するために、門外不出の秘伝とされていた唐手を学び始めます。
 ナイファンチという基本の型を数年かけて練り続ける日々の中で、義珍の心身は強靱になり、修行にのめり込んでいきます。
 そして時は移り、教育者となった義珍は、唐手を青少年の育成に役立て、古伝の精神を本土に普及させることを決意します。
 その理想はたゆまぬ努力によって実現するのですが、戦争を挟んで空手をめぐる時代の趨勢は型中心から自由組み手や試合形式へと移ろいゆき、自分が考えていた空手の本質から遠のいていくことに苦悩します。
 空手人生をひたすらに歩み、88歳で大往生。琉球秘伝の「唐手」を極め、本土に「空手」を伝えた男の生涯がドラマチックに描かれています。

 富名腰義珍は、後年「船越」と改正していますが、その人物について、ウィキペディアには次のようなことが記載されています。

 1868−1957年。沖縄県出身の空手家。初めて空手(当時は唐手)を本土に紹介した一人で、松濤館流の事実上の開祖。本土での空手普及に功績があった。経歴や実力については不明な部分もある。
 船越は泊士族の家系だが、16歳の時に、泊手ではなく那覇手の大家・湖城大禎師事したとされる。
 首里手の大家・安里安恒に本格的に師事するのは24歳以降のこと。(小説では子供時代からのように書かれている。)鎌倉の円覚寺境内に建てられた石碑の碑文(大浜信泉書)には「11歳の頃より唐手術を安里安恒、糸洲安恒の両師に学び…」とあるが、信憑性に乏しい――のだそうです。

 著者の今野敏は、1955年北海道生まれ。上智大在学中に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞、2006年「隠蔽捜査」で吉川英治文学新人賞。SF、伝奇アクション、ミステリなど幅広い分野で活躍。そして、空手道「今野塾」を主宰する武道家でもあるのだそうです。
(2015.10. 8 読)


「コザから吹く風 中根章の奔流の軌跡」   徳田友子 著  ボーダーインク
   1,800円+税   2013年 9月30日 第1刷発行


 沖縄の戦後史を駆け抜けた、政治家・中根章の半生を描いたノンフィクション作品。沖縄戦からアメリカ統治下、琉球政府時代、復帰後の沖縄県政時代と、昭和ヒトケタ激動の世代が語る、おきなわの熱き日々。笑いと闘いの沖縄現代史。
 ――という内容の、ノンフィクション風の一代記。
 この本を読んで初めて中根章という人物を知ったのですが、なんかとっても面白い人のようですよ。

 1932年越来村(現・沖縄市)の胡屋生まれ。13歳の時に沖縄戦を経験。米軍上陸当日の45年4月1日に本島北部へ避難を開始。5日間かけて名護市源河までを家族と共に逃げ惑う。首里で日本軍が勝利したとの報を聞き、今度は南を目指して移動を始めるも、ブート岳で潜んでいたところを米軍に保護される。
 戦後は、嘉手納基地内にある将校クラブで従業員を務めながら、ウイスキーや食料を米軍から盗む「戦果アギヤー」を体験。大山朝常の選挙活動に関わり、地元胡屋の青年会長を経て、コザ市議、県議を務める。
 そして、「比謝川をそ生させる会」、普久原恒勇作曲の「響(とよむ)」の沖縄市での再演、「毛あしびーコンサート」、「普久原朝喜顕彰碑」の建立、沖縄市民小劇場あしびなーでの藤木勇人との「しまくとぅばで対談」などに関わり、琉球新報の「南風」欄で半年間のコラム執筆などにも携わっています。

 著者は「プロローグ」で次のように書いています。
 中根章の話は、ウチナーグチ、ヤマトグチ、ブロークン英語を交えつつ語られ、いつ聞いても面白い。夜ごと、自宅を開放した中頭郡青年団OB事務所で語られる、そんな問わず語りの話をもとに、題して「コザから吹く風」、中根章の奔流の軌跡を辿っていこう。

 長くなるけど、内容は次のとおり。

プロローグ コザから吹く風
第一章 戦場を生きて   勉強嫌い〜父親の精徳〜野生児時代〜戦火の足音〜子どもの綱引き〜幻の小学校卒業式〜アメリカ軍上陸〜ヤンバルへ逃げる〜精徳の人徳〜不穏な空気〜生きながらえるための知恵〜投降を決意する
第二章 収容所での生活   石川の収容所〜収容所の暮らし〜石川高校での運動会〜石川収容所での出会い〜安慶田収容所へ移る〜脱柵と芋掘り〜コザ高校時代〜
第三章 軍作業時代   理不尽な世界〜「戦果」を挙げる〜親子の共鳴〜精徳の教え〜捨てる神あれば、拾う神あり〜運転免許を取る〜ストーキーパーの地位〜「戦果」がもたらすもの〜処世術のツボ〜人種差別と転職〜クラブ「スナッペイ」での「フリービール」〜初めてのスト
第四章 大衆運動への目覚め   産休補充の代用教員になる〜若き日の乱読時代〜伊佐浜土地闘争〜胡屋青年会長時代の功績〜初めての選挙活動〜越来村青年会長時代〜仲宗根悟氏に引き抜かれる
第五章 ヤマトで沖縄問題を訴える   青年団の役割〜沖縄県青年連合会の常任理事になる〜中頭郡青年団協議会発足〜「由美子ちゃん事件」を訴える〜日青協の幹部研修会で引き止められる〜比嘉春潮氏との対談と各県回り〜沖縄での幹部研修会〜党派を超えた付き合い
第六章 平和運動の始まり   原水爆禁止沖縄県協議会結成〜中頭郡青年団と琉大学生会〜CICの下請けに誘われる〜本島縦断駅伝大会〜反対運動ばかりでなく〜中の町青年会と文化活動
第七章 政治家になる   落選の憂き目に遭う〜市会議員となる〜宴会に溶け込む〜断固とした態度〜解放同盟の人達と〜沖縄の水行政〜選挙の醍醐味〜党派を超えた人間模様〜県議選に初当選
第八章 「比謝川をそ生させる会」   土木委員となる〜比謝川との出会い〜「比謝川をそ生させる会」の後押し〜科学の知識を学ぶ〜「沖縄こどもの国」の池を浚う〜「水と緑の広場」の完成〜総務委員としての質問〜毛遊びーコンサート〜どこへ行っても「こどもの国」〜雰囲気を読む
第九章 落選から、再び県議会へ   「ヌージュン」へ〜「響」に感動〜「中根と有銘」のコンビ〜民間の道を地下に潜らす?〜中根を支えた人達〜第一回目の嘉手納基地包囲網成功〜保革を超えた人情〜「比謝川をそ生させる会」十五周年記念シンポジウム〜思わぬ収穫〜「ナギグィー」と「アグー豚」〜大国林道開発に反対〜「慰霊の日」が無くなる?〜ウチナーンチュの心〜郷に入れば郷に従え
第十章 奔走の日々は続く   還暦の祝いと「うすく会」〜普久原朝喜顕彰碑〜「コアラを育てる会」会長になる〜資金の調達に奔走する〜ユーカリの確保に奔走する〜ゾウガメの話に乗る〜後輩に引き継ぐ〜ラジオ番組「中根章の甘口辛口問答」〜コラム「南風」〜中根のきょうだい達
エピローグ 中頭郡青年団OB会
中根章 年表
あとがき
(2015.10. 3 読)



 

 
沖縄病Tobiの琉球弧探訪