琉球雑学一般 その4



「沖縄まぼろし映画館」   平良竜次+當間早志 著   ボーダーインク
   1,800円+税   2014年11月25日 第1刷発行


 沖縄戦で傷ついたウチナーンチュたちの心を癒したのが、芝居や映画などの芸能文化でした。役者たちによる芝居公演は行く先々で熱烈な歓迎を受け、収容所を巡回して行われたフィルム上映もまた、苦しい捕虜生活を送る人々にひとときの娯楽を提供しました。
 やがて、芝居や映画のための露天劇場がつくられ、それがたちまちテント屋根、瓦葺き、木造の館となり、沖縄は映画の黄金期に向かって走り出します。
 宮城嗣吉・高良一・国場幸太郎・宜保俊夫ら、希代の映画人たちの活躍もあり、1960年のピーク時には館数が120に至ったということです。
 本書はそうした沖縄の映画興行史がよくわかる「通史」から始まります。
 続く本編では、映画館の跡地をめぐる旅や現存する映画館の取材、関係者への聞き取りによって書かれたルポルタージュが50編。これらが当時の様子がわかる数多くの貴重な写真とともに掲載されています。
 さらにコラムとして、映画史を語るうえで欠くことのできない〈沖縄映画人〉らの逸話も収録されています。

 読んでいて、感慨深いものがあります。
 1950年代に乱立した映画館が、テレビの普及などで60年代後半までにはその大部分が閉館。振り返れば映画の隆盛期は一時的なのものだったということなのでしょうが、そのもとで時代を共有して生きてきた人々にとって、映画はしっかりと記憶の中に残っているものなのだということに、まずは感動。
 そして、当時建てられてまだいくつか残っていた建物たちは、鉄筋コンクリート造とは言っても築後60年以上が経過し、今まさにほぼすべてがなくなろうとしていることにも、深い喪失感を覚えます。

 もっとも印象的だったのは、那覇をはじめとした戦後のまちは、映画館がつくられることによって形づくられていったと言っても過言ではないのだなということ。
 それは、館のある周辺が繁華街として賑わい、「国際通り」「沖映通り」などのように映画館の名前が通りの名称となっていることが多いのをみてもわかろうというもの。
 ほかにも、那覇の「平和通り」は一般公募で通り名が決まった経過がありますが、そこには「平和館」があり、以前「平和館通り」とも呼ばれていたようだし、現在の「グランドオリオン通り」もそうです。
 また、現在の「桜坂劇場」の前身が沖縄芝居の「珊瑚座」であったこと、2006年に取り壊されてしまったコザのディスコ「スフィンクス」の前身が「ピカデリー国映館」だったことなどを知ることができました。

 著者・平良竜次は本書でたびたび映画の師匠格にあたる山里将人について言及しています。残念ながらこの本の出版を前にした2014年に亡くなられたそうですが、山里将人の「アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955」(ニライ社、2001)を読みたくなって、読後すぐに古書の注文をしたところです。
(2016.10.16 読)


「沖縄高校野球あるある」   山里將樹 著   TOブックス
   1,000円+税   2015年 7月10日 第1刷発行


 沖縄には、夏休みの取れる8月にも行くことが多いのですが、8月の大衆食堂では店内のテレビのチャンネルがほぼ例外なく高校野球中継に合わせられていて、食事をしに来ているほぼ全員がそれを注視し、食べている最中も箸を止めて見入っている状況を見ることができます。
 いずれも目は真剣で、沖縄のチームが出ていたりしたならもう、食事はそっちのけで、選手の一挙手一投足に歓声を上げたり手をたたいたりで、さながらパブリックビューイング状態になります。
 そういうところを見るのも観光客としてはたいへんに面白く、時として、隣の知らないオジサンからこの選手はウチの遠い親戚で――などと解説を受けながら一緒に応援するハメになります。
 そのぐらい沖縄県民は高校野球に対して「熱い」のですが、そんな熱狂に踊る爆笑の県民伝説を収録した本がコレ。沖縄の高校野球を語る上で欠かせない必須エピソードが240項目にわたって紹介されています。

 その一端を記すと、「沖縄の高校が登場する試合時間に道がガラガラになる」、「試合中にカオスと化す家電量販店」、「対戦相手に沖縄の苗字を見つけると、ついつい応援してしまう」、「試合中定食屋に入ると、店員の対応がいつもより雑」、「ゆいレールに乗っている時、得点が入るとさりげなく同時にガッツポーズ」、「沖縄の会社にしかない甲子園の「応援業務」」、「試合中に仕事の電話をすると「今ですか!?」と怒られる」、「ビッグイニングの後の職場のトイレが那覇まつりみたいに大混雑」などなど。
 どうですか、「あるある」でしょ。

 エピソードを一つ記すと、沖縄県勢の甲子園初勝利は、1963年の首里高校。その時の対戦相手は山形県の日大山形でした。
 山形県代表はいまだに春夏通じて優勝または準優勝をしたことがない弱小県ですが、沖縄はその後ぐんと強くなって優勝も数回を数えるようになりました。

 想像するに沖縄県は、弱かった時代があってこそ、その悔しさをバネにしてここまで来たのでしょう。
 戦後の沖縄県民は、意識するかしないかは別として、様々な分野で本土と互角に、またそれ以上に競争し合えるようになることを希求していたのではないでしょうか。
 その成功譚のひとつが高校野球の快進撃であり、県民はそれを全体で、長い間にわたって魂をこめて応援してきたという自負があるからこそ、これだけ熱くなれるのだろうと考えますが、いかがでしょうか。
 高校野球でまだそういう経験をしていない山形県民としては、そんな沖縄県が羨ましくて仕方がありません。
(2016. 5.31 読)


「ガイドブックには載っていない本当は怖い沖縄の話」   神里純平 著
   彩図社   1,200円+税   2015年 9月25日 第1刷発行


 前作「ガイドブックには載っていない 沖縄 裏の歩き方」で、夜遊び情報からアングラ事情、マル秘スポットまで、県民だけが知っているディープな沖縄を紹介して見せた著者が、あれから2年ぶりに発表した作品です。
 『青い海に白い砂浜…多くの人が思い描く沖縄のイメージはリゾート地のそれだろう。
 しかし、独特の文化発展を遂げ、本土とは違う歴史を経験してきた沖縄は明るく楽しいだけではなく、「怖い」一面も持ち合わせている。
 米軍基地問題の利権でうごめく面々、危険な米兵との交流、地元の人が行きたがらない心霊スポット、沖縄の民間信仰ユタ、ハジチという刺青文化など沖縄の意外な姿にページをめくる手がとまらない。
 読了後、あらたな沖縄の魅力に気付かされる1冊。』 ――と、紹介されています。

 第1章は「観光客が行かない裏名所」。沖縄の霊域、辻遊郭の歴史、闘牛とギャンブル、第1級の廃墟である中城高原ホテルの紹介、米軍基地の中、尖閣諸島問題などを取り上げています。
 第2章は「本当は怖い沖縄の文化と歴史」。沖縄の刺青文化、ユタとノロ、琉球王国の深部、沖縄で生まれた空手、体をこわす宮古島のオトーリ、ボリビアにある沖縄の移民村などを紹介。
 第3章は「沖縄とアメリカの危険な関係」。日米地位協定とYナンバー、米兵の素顔、普天間基地とオスプレイ、ビジネス化した反基地運動など。
 第4章は「本当は怖い沖縄の生活」。凄まじい台風、長寿県でなくなりつつある沖縄の食文化、他県と違う地元新聞、優遇される沖縄の補助金、制空権、荒れる成人式、揉める沖縄の遺産相続など。

 第1作は、徹底して沖縄のアンダーグラウンドを追求し、闇の部分を外に向かって暴露したという強いインパクトがあったものでしたが、今作は一般的な沖縄の社会問題や独特なところを多少斜に構えて「こんななんだよぉ」、「スゴ怖いだろぉ〜」と大げさに語っているような印象でした。

 そのような印象を受けたわけは、「おわりに」で裏付けられることになります。
 著者は、「本書は県外の方だけではなく、沖縄県民も楽しく読めるようにとの思いを込めて執筆した」、そして、「私自身知らない事実がたくさんあり、執筆をしたり取材をする中でより地元沖縄が好きになっていった・・・」と述べています。
 つまりそういう思いで書かれたこの本は、怖さを味わい楽しむというよりも、沖縄を知る上で有用な知識書的なものとして位置づけられる書であるような気がします。
 まあ、そうは言っても、取り扱う事項は巷間普通に語られていることばかりで、著者が言う「知らなかった事実」的なものはそう多くなかったと思うのですが、どうでしょう。
(2016. 4. 2 読)


「24365沖縄 24hours 365days Okinawa」   24365沖縄研究会 著
   集英社インターナショナル   2,500円+税   2006年 7月31日 第1刷発行


 2006年発行のものを、9年後の2015年に読みました。
 というか、これは「見た」なのだろうな。グラフィカルだし、活字は大小さまざま取り揃え、字体もいろいろ工夫して読者にインパクトを与えようとしている感じです。また、モノクロの画像にブルーの色を重ねて、一種ゲージツ的なオリジナリティを創り出しています。
 が、正直言ってけっして見やすいものではなかったような気がします。もっとフツーに表現しろよと言いたくなりました。

 のっけから「与那国ホンダ」の写真。ここではレンタバイクを借りたことがあるので、思わずおぉ!となり、次のページはこの本のテーゼと思われる次のような文章が。
 「沖縄最高! 自然・文化・暮らし。世界中でここにしかないものが満ち溢れています。日本のまちの多くがなくしてしまったものも、たくさん生き続けています。時間はゆっくりゆっくり流れています。
 人々が、脈々とつなげ、守り、育ててきた心があります。数字には表れない、目に見えるものでは語れない豊かな暮らしの質があります。
 しかし、今。その多くは消え去ろうとしています。過熱する沖縄ブームの一方で、かけがえのない自然が犠牲となっています。東京と同質のものが増殖し、方言がわからない世代も多くなってきています。
 沖縄の未来を守りたい。次の時代を生きる子どもたちが誇りと希望を持つことのできる沖縄であってほしい。沖縄は沖縄らしく、生き生きと輝き続けていてほしい。世界中の人が憧れる沖縄であり続けたい。
 そのためには、まず客観的な視点で沖縄を見て、考えることが必要です。
 優れていること。
 残すべきこと。
 欠けていること。
 直すべきこと。
 止めるべきこと。
 私たち24365沖縄研究会が考える沖縄の未来。
 大好きな沖縄のための提案です。」

 ――うーむ、気合いが入っていますね。
 その「24365沖縄研究会」については、奥付で次のように紹介されていましたので、記しておきます。
 「株式会社サイバーファームと北山創造研究所により2004年にスタート。沖縄のさまざまな可能性を掘り起こし、沖縄の未来のためのアイデアや夢を模索している。昨今の沖縄ブームとは一線を画した視点で、沖縄を見つめ、沖縄の美しい青い海と青い空が永遠に残ることを願っている。客観的視点に立って見た沖縄のすばらしさ、地元の人々があたりまえと思って気がつかない財産の数々を認識しながら、今後も、沖縄のまちづくり、暮らしづくり、商品開発、情報サービスなどについての研究、提案活動をすすめる予定。」

 なお、沖縄のITベンチャー企業だったサイバーファームは2009年に倒産。北山創造研究所は東京で都市コンサルタント、商品デザインを手掛ける安藤忠雄の双子の弟が主宰するもので、こちらは健在のようです。
 それにしても、今の沖縄はこの9年間だけでも、著者たちがそうなってほしくないと考えていた方向に大きく進んでしまっているように思えますが、いかがでしょうか。
(2015.11.26 読)


「ディープ沖縄〜現地スタッフが教える沖縄ガイド」   日暮哲也 編集   アスキー
   1,600円+税   2000年 7月 7日 第1刷発行


 2000年に株式会社アスキーから発行された沖縄ガイド本。
 表紙の絵がエキゾチックでしょ。でこれ、金色や銀色などのラメ色で描かれており、発行当時は書店の棚でかなり目立っていたものでした。
 それでも当時それを買わなかったのは、外見とは違って中身があまりにも基本に忠実なガイドブックだったからなのでした。
 でもまあ、古書ならば49円で買えるというので、2015年1月に購入したもの。15年前の沖縄ってどうだったのだろうという好奇心もあって。

 読んでみればやはりというか、隔世の感があります。国際通りにはまだOPAがあり、当然ゆいレールはできていず、沖縄空港はようやく新空港に移転しています。紹介されている飲食店なども、かつての名店が載っていて、あったよなあその店!といったものも。
 当時は沖縄音楽が隆盛を極めていて、りんけんバンド、ネーネーズ、チャンプルーズなどの沖縄ポップに加えて、ノリに乗っていたパーシャクラブ、そしてモンパチやしゃかりが元気がよかったようです。よなは徹はまだ無名扱いですね。

 那覇、本島南部、同中部、北部などに分け、多くのページを割いて案内する「初心者のための沖縄観光名所案内」は、今と大きく変わり映えせず退屈。また、釣り場・釣具店・釣り船ガイドや沖縄本島ダイビング指南、ダイビングサービス案内などは自分の専門外なのでこれも退屈。
 反面、機内で覚える「ウチナーグチ」重要語句100、移動時に役立つ沖縄県内全地名読み方一覧などのデータベースは珍しいし、てるりんの沖縄チャンプラリズム漫談とかOkinawan Music All Guideなどの記事群は当時の沖縄音楽の勢いを追体験できてちょっぴりうれしい。
 沖縄宿泊施設全データも、施設の栄枯盛衰が垣間見られて興味深い一面もありました。

 かれこれ15年前の情報でしたが、沖縄はこの15年でずいぶん変わってしまったことが実感として確認できました。
(2015.10.18 読)


「沖縄のハ・テ・ナ!?」   沖縄ナンデモ調査隊 著   双葉文庫  630円+税
   2014年11月16日 第1刷発行


 沖縄に何度か足を運んだことがある人でも、「なんで食堂のカレーは黄色いの?」、「そもそも御嶽って何?」、「フリムンってなんですか?」などの疑問を持ったことがあるでしょう。これら日常の些細なことから根源的なことまで、知れば知るほどに常識を打ち破る「ハ・テ・ナ」が増えていくところが沖縄の面白いところです。
 このような文化・社会・日常生活などへの疑問や不思議に的確に答えながら、沖縄の「今」を伝えるべく、ウチナーンチュと沖縄移住者によって結成された「沖縄ナンデモ調査隊」が果敢に挑みます。

 双葉文庫のこのシリーズはこれまで、「沖縄のナ・ン・ダ!?」(2001)、「沖縄美味のナ・ン・ダ!?」(2002)、「沖縄・離島のナ・ン・ダ!?」(2006)がありますね。
 ところで「沖縄ナンデモ調査隊」ですが、そのメンバーは、仲村清司、長嶺哲成、嘉手川学、真喜屋力、伊藤麻由子、平良竜次、長嶺陽子、たまきすずこといった、沖縄のフシギを解明するのに欠かせない精鋭たちです。思えば彼らの綴る沖縄おもしろ紹介本を、自分は何冊読んでいるのだろうか。

 中身の一端を紹介しましょうね。
 「オバァ」と呼ぶのはOKなのか?、「〜しましょうね」の連用形、肝で感じる「チムグリサ」の心、フリムンとアホとバカはどう違うのか、那覇はどうしてナハと呼ぶのか、日本一難読な地名をひもとく、沖縄食堂は絶滅危惧種に指定されるか、沖縄食堂進化論、コーグヮーシの今後の展望を考える、那覇に「夜市」が出現している!?、生ける伝説「平良とみ」メガ進化論、「首里劇場」から見る沖縄映画興行史、ウチナーンチュはなぜ柔軟剤ダウニーを好むのか?、沖縄タクシー事情、ウチナータイムの現在、那覇「てんぷら坂」今昔、コザはどこまでがコザなのか?、ジャーマンケーキってどんなケーキ?、お墓や仏壇セールの時期「ユンヂチ」って何?、ゆいレールは「県民の足」になったのか――などなど。
 ナンセンスがあれば、なかなかに学術的なものもあって、玉石混交。しかし、なんだかおもしろい。

 2015年のゴールデンウィーク、沖縄旅に連れて行った本で、伊平屋島の松金ホテルにて読了しました。
(2015. 5. 5 読)


「意外と知らない沖縄県の歴史を読み解く! 沖縄「地理・地名・地図」の謎」
   安里 進 監修   実業之日本社   800円+税   2015年 1月 5日 第1刷発行

 沖縄県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介する――という、沖縄県民も驚くような雑学ネタが満載の本です。
 監修者の安里進は、首里生まれの琉大法文学部史学科卒、専攻は考古学・琉球史といった人物で、浦添市文化部長、沖縄県立芸術大学教授などを経て、おもろまちにある沖縄県立博物館・美術館長をしている人。なので、大衆向けの装丁で雑学を標榜していますが、バックグラウンドは確かで案外堅実な中身になっています。

 5つの章立てになっており、それらは「王国を支えた中心都市 首里城と首里の街」、「今も昔も移住者にやさしい活気ある街 那覇今昔物語」、「石器時代から現代まで続く知られざる沖縄本島」、「最西端から最南端まで 個性あふれる島々」、「なぜここまで違うのか? 地名の由来」。
 それらの具体的な内容(一部)は次のとおりです。

 聖なる道なのに歪んで作られている首里城正殿前の「浮道」の謎、平城京・平安京などは南向きなのになぜ首里城正殿は西向きなのか、龍潭に隠された治水技術、首里城へと続くメインストリート綾門大道、かつて首里には泡盛特区が存在していた?!、沖縄に仏教寺院が意外に多いワケ、王国時代の那覇港と泊港の使い分け、上之屋にあったスケートリンクのこと、御成橋と沖縄県庁の関係、世界初の工法で造られた那覇うみそらトンネル、「オキナワ」はいつから沖縄になったのか?、県内各地で見つかった謎の刻字石が高度な測量技術を裏付けた、沖縄に1,500m級の山がありスギが生えていた、沖縄本島と宮古・八重山には1時間の時差があった、沖縄の島名に「間」がつくのはなぜか、保栄茂の読みが「びん」になるのはなぜか、変わった地名の横綱はオーシッタイとガンガラー・・・などなどです。

 沖縄県民愛がぐーんと深まる知的ガイドブック。専門知識不要。誰にでも読みやすいようにつくられたものですので、この本あたりから徐々に沖縄の深みにはまっていくのもまたよしでしょう。
(2015. 3.14 読)



 

                                          
沖縄病Tobiの琉球弧探訪